耳をすませば実写の子役は演技下手?ひどいと言われる理由!面白くないや良かったという評価も!

トレンド
※本ページはプロモーションを含んでいます。

耳をすませばの実写を見た人の感想に最悪、ひどいというコメントが多数みられています。

耳をすませばは2022年10月に公開され、ジブリ作品が大好きな方には期待の映画でしたね。

その耳をすませば実写が最悪やひどいと言われている理由としては、原作・アニメとは違うストーリになっていたこと、子役の演技が下手ということが理由です。

耳をすませば実写は、原作・アニメとは違った設定で10年後の物語となっていますね。

キャラクター設定も変わっていたり、子役の演技が下手ということが耳をすませばのファンに不満の声が挙がった理由となっています。

では、どの部分で最悪なのかを調査したので、まとめていきますね。

耳をすませば実写は最悪でひどいと言われる理由!

耳をすませば実写が最悪、ひどいと言われている理由を調査しました。

まず、なぜ最悪・ひどいと言われているのかを調査したところ、

  • 子役の演技が下手
  • 原作・アニメの10年後の物語
  • キャラクター設定が違う
  • 原作のカントリーロードではなく翼をくださいが主題歌

という意見がみられましたので、次の項から一つずつ解説していきます。

耳をすませば実写最悪な理由:子役の演技が下手

耳をすませば実写の最悪な理由として、子役の演技が下手という意見がありました。

子役を演じた下記の4人になります。

  • 月島雫:安原琉那(やすはらるな)
  • 天沢聖司:中川翼(なかがわつばさ)
  • 原田夕子:住友沙来(すみともさら)
  • 杉村竜也:荒木飛羽(あらきとわ)

子役の演技が下手という意見にはこのような意見がありました。

  • 雫の子供時代を演じた子役の演技が下手で何を観ているか分からなくなる
  • 子役のありえないリアクション多すぎ。漫画と同じリアクションを人間にさせないで欲しい。見ていて恥ずかしくなる。
  • 雫と聖司のイメージに合わない

などなどの意見がありました。

漫画のテンションと同じテンションで演技するとやっぱり違和感はありますよね。

しかも、やはりアニメの「耳をすませば」が1番見慣れていて馴染みがあるということで違和感につながるのでしょう。

そういう私も耳をすませば実写には違和感を覚えた1人です。

耳をすませば実写最悪な理由:10年後の物語

耳をすませば実写が最悪な理由として、原作や漫画とは違い10年後の物語となっている事です。

10年後の物語に、回想シーンが含まれています。その回想シーンが私たちがよく知っているアニメの内容となっているのです。

回想シーンの内容が所々違うので違和感

アニメの内容のままではなく、所々変わっている場面があるので違和感を覚える方もいるでしょう。

例えば、「嫌なやつ嫌なやつ嫌なやつ!」というシーン、有名ですよね。

これは天沢聖司が雫が作ったカントリーロードを読んで雫をからかった時にいうセリフですが、実写では天沢聖司が、雫がまだ読んでいない本の結末を言う時のセリフとなっています。

また、雫が書く小説をおじいさんではなく、天沢聖司に見せたという設定にも違和感があるという意見があります。

一般的に考えて恥ずかしくて同級生に見せれるものではないですよね。

このような、一般的に考えたらこのシチュエーションはどうかなという場面があったことにも最悪と思ってしまう理由の1つでしょう。

耳をすませば実写を見る人のニーズが満たされていない

耳をすませばの実写を見る方、期待する方は、原作を見ている、原作が好きな方が圧倒的に多いはずですよね。

それを前提とするならば、所々違う内容の回想シーンを入れるのではなく、10年後の物語を主として入れるべきという意見もあります。

また天沢聖司がいるイタリアに行って夕食だけ食べて歌うたって帰るという非現実的なシチュエーションにも違和感を感じた方が多数。

イタリアについて、聖司に「ホテルに荷物を置いてきた」と雫、聖司はひとり暮らしなのに?

イタリアを一人で歩く雫、夜の街に出ていく雫、知らない土地なのに大丈夫?等々。

耳をすませば実写では、もう少し10年後の恋愛模様を入れてほしかったという意見があったがゆえ期待外れという気持ちになってしまったのでしょう。

耳をすませば実写最悪な理由:キャラ設定が違うので違和感

天沢聖司の役が原作やアニメと違うことにも違和感を覚えた方も多いでしょう。

  • 原作:画家
  • アニメ:バイオリン職人
  • 実写:チェロ奏者

やはり、あなたも馴染みのあるアニメの中でバイオリンをつついている天沢聖司が印象強いと思います。

おそらく、バイオリン職人では話も広げにくく華やかではないから設定を変更したのかもしれません。

耳をすませば実写最悪な理由:主題歌がカントリーロードでない

耳をすませば実写の挿入歌は、杏の「翼をください」です。

耳をすませばと言えば「カントリーロード」ですよね。

雫が作ったカントリーロード、天沢聖司に見られてからかわれたあの「カントリーロード」です。

耳をすませば=カントリーロードの印象を持っている人はたくさんいると思います。

それなのに、一度も流れないのは耳をすませばのファンにとっては残念、最悪となりますよね。

「翼をください」自体が悪いのではなく、思った感じの作品でなかったという意見は、なじみのある曲が流れなかったからでしょう。

ですがあえて「翼をください」にした理由もあります。

カントリーロードはジブリのオリジナル作品があってこその曲である。

ストーリーが違うためカントリーロードは使えない。

雫と聖司が共通して好きな曲を考え、「翼をください」に決定となった。

上記のような理由があると書かれていました。

理由が分かれば、納得はいきますが、なにしろ映画の名前が「耳をすませば」なのでどうしても「カントリーロード」と結びついちゃいますね。

耳をすませば実写で結末が分かり良かった評価もある

「耳をすませば」の実写が最悪という意見もありますが、反対に良かったという意見もあったので紹介していきます。

  • 原作を超えることはなくても、内容や役者のチョイスは良かった
  • 子供の頃のような感覚で見ることができておもしろかった
  • 実写版は告白シーンが原作と同じでみる価値ありました

等々、良かったという意見もありました。

原作やアニメを見た方も実写を満足されている方ももちろんいます。

雫と聖司がどうなったか先が気になる方たちには、耳をすませば結末が分かって良かったということです。

まとめ

  • 耳をすませば実写が最悪ひどいという理由は4つある
  • 最悪な理由1つ目は「子役の演技が下手」
  • 最悪な理由2つ目は「10年後の物語」
  • 最悪な理由3つ目は「キャラ設定が違う」
  • 最悪な理由4つ目は「主題歌がカントリーロードではない」
  • 耳をすませば実写がよかったという意見もある

耳をすませば実写は最悪ひどいと言われる理由を調査すると上記のような理由が分かりました。

皆が知っているジブリアニメの耳をすませばを何度も見ている方にとっては、違和感を覚える映画となっていましたね。

しかし、違う世界感で見ることで新鮮な気持ちになることもできます。

ぜひ、気になる方は一度ご覧になってみても良いかもしれません。