パート損しない働き方2024!!働き損にならないために103万の壁106万の壁130万の壁などを紹介!

レビュー
※本ページはプロモーションを含んでいます。

あなたは、年収の壁って知っていますか?

年収の壁とは、夫の扶養内で働く女性がぶち当たるものですよね。年収によって手取り額がグッと減る場合もあります。

私自身、今まで正社員で働いていたので扶養内で働くことなく過ごしていました。

しかし、去年の4月から専業主婦となりました。

働くなら130万円の扶養内で働こうと考え職業安定所に行くと衝撃の事実を知ったのです。

確かにニュースになっていたけど、自分には関係ないと思っていたことに今壁にぶち当たりました。

働き方どうしよ…

そんな年収の壁を自分ももう一度勉強しようと思い、まとめたので参考にしてみてください。

パートの損しない働き方2024年Ver!年収100万~201万の壁

パートの損しない働き方について、年収の壁の種類をご紹介します。

自分はどの位置で働こうかという目安になるのではないでしょうか。

私も改めて調べたことで、自分がどうしたいか決めるきっかけになりました。

パートの損しない働き方!年収100万の壁

年収100万を超えると、住民税が発生します。

・年収102万だった場合

手取りは101万 手取り率99%

この場合は、手取り率99%なのでそこまで痛手はないかなと思います。

100万円以内にするならば

月収を8万3千円以内に抑えるのが良いでしょう。

働いた分がほとんど丸々入るので嬉しいですよね。

この働き方だと自分に余裕も持てるので家事、育児、仕事のトリプルワークでもなんとかやっていけそうです!

パートの損しない働き方!年収103万の壁

年収103万を超えると、住民税と所得税が発生します。

・年収105万だった場合

手取りは103万 手取り率98%

103万を超えると98%の手取りとなります。こちらもそこまでの痛手にはなりません。

103万円以内にするならば

月収8万5千円以内に抑えるのが良いでしょう。

この働き方もほとんど手取りに入り、自分の時間も確保できるので嬉しいですね。

パートの損しない働き方!年収130万の壁

年収130万を超えると住民税と所得税と社会保険が発生します。

・年収131万だった場合

手取り110万 手取り率84%

130万円を超えると一気に手取りが84%まで減ります。

だいたい11万くらい稼ぐとこのような結果になります。

130万円以内でいくには

月収を10万8千円以下に抑えるのがよいでしょう。

この働き方は手取り率は減りますが、毎月10万入ると入らないとでは家計の助けになります。

もしかすると、自分の時間がそこまで取れず、仕事から帰れば家事育児が待っていて少し負担になる可能性があります。

パートの損しない働き方!年収150万の壁

年収150万を超えると住民税と所得税と社会保険料が発生します。

また、配偶者特別控除が段階的に減っていきます。

・年収200万だった場合

手取りは161万 手取り率80%

150万円以内にするならば

月収12万5千円以内に抑えるのが良いでしょう。

この年収になってくると、少し贅沢もできますね。

生活は少し忙しくなる可能性もあるので無理はせず自分に合った職種を選ぶと良いのではないでしょうか。

パートの損しない働き方!年収201万の壁

年収201万を超えると住民税と所得税と社会保険料が発生します。

また、配偶者特別控除の適応外となります。

配偶者特別控除が適応外になると、配偶者の払う税金が丸々となり、私たちも社会保険を払わないといけないので家庭内での手取りは減ってしまいます。

・年収250万だった場合

手取りは202万 手取り率80%

201万円以内にするのならば

月収16万7千円以内に抑えた方が良いでしょう。

月収16万は結構な収入になる気もしますが、そこから約80~85%程度の社会保険が引かれるので手取りで換算すると13万程度になりますね。

パートでこれだけ働こうと思ったら、フルパートに近いのではないでしょうか。

確かに生活はうるおい、今後の年金などにもメリットはありますが、仕事、家事、育児の中でも仕事の比重が大きくなるので要注意!

年収が上がるにつれ手取り額率が減ることも気になるところですが、家庭の役割の負担も増えます。

自分のライフバランスの考えに合った年収を稼ぐことができるように、しっかり考えましょうね。

もう一つ、年収が増えて社会保険を払うことが損と思う方もいますが、社会保険をかけているメリットもあるのですよ。

こちら紹介していきますので、ご覧くださいね。

パートの損しない働き方2022年と2024年の違い

2022年10月から改正されて社会保険加入基準が変わりましたよね。

その内容がこちらになります。

  • 所定労働時間が週20時間以上
  • 1ヶ月の賃金が8.8万円以上
  • 勤務期間が2ヶ月以上の見込み
  • 勤務先の従業員が101人以上の企業
  • 学生は対象外

こちらを満たす方は、106万以上かかると社会保険に加入しなければなりません。

また2024年10月から勤務先の従業員が51人以上の企業が対象となることが決定しています。

現時点で対象外の方も、対象となる可能性があるので要チェックですよ。

パートの損しない働き方で覚えておきたい扶養の種類!

扶養っていうけれど、扶養には2種類あることを知っていますか?

  • 税法上の扶養
  • 社会保険上の扶養

一言に扶養に入ると言っても、この2種類がありまったく別物になるのです。

税法上の扶養

家計を主に支える方が、住民税や所得税の控除を受けられる仕組みとなっています。

納税者が納めるべき税金の金額を抑えられることは嬉しいポイントですね。

生計を一にする6親等内の血族と3親等内の姻族が対象となる

その年の1月1日から12月31日の実際の年間収入で判断する

これは、年末調整で書きますよね。対象者は必ず年末調整の時に書きましょう!

私も年末調整の時期には、書けるものは全て書いてしまおう!と必死に記入しますよ。

パートで働いている人でも大丈夫!

年収をよく確認して記入しておきましょう。

社会保険上の扶養

家計を主に支える方の勤め先の健康保険や厚生年金の「被扶養者」になれる仕組みです。

自分で健康保険料や年金を納めなくて良い

対象者は、配偶者や扶養者の3親等内の親族(75歳未満)

もう一つ大事なことがこちらです。

これから先1年の収入見込みで判断

例えば、6月から社会保険の被扶養者となる場合、今年の6月~翌年8月までの収入見込みが130万未満であれば扶養に入れます。

私もここ知らなくて、今年1年の収入見込みが130万以内だとずっと思っていました。

手続きをしていると躓き、気になったので健康保険の会社に直接連絡して学びました!

今年1年間ではなく、今の時点から1年間で換算すること

こちら知らない方も多いと思うので、一緒に覚えましょうね。

パートで働き社会保険を払うメリットとは

扶養に入って働いていると得、扶養外となると損と思う人もいます。確かに手取り額が減るので、今現時点で考えると損です。

しかし、社会保険に入っているとメリットもあるのです。

  • 年金額が増える
  • 手厚い保険制度

年金額が増える

厚生年金保険に加入すると将来受け取れる年金が増えます。

働いていた時に支払った年金の保険料に応じた金額を上乗せしてくれます。

このため、基礎年金+厚生年金を受け取れるようになります。

この厚生年金保険の加入期間が長い分だけ、将来上乗せされる年金の額も増えるので働いていて損はないですよ。

私は今は夫の扶養に入っていますが、今までは正社員で働いていたので多少の上乗せはあるのかなと思っています。

今後も、年金を少しでも増やせるために、自分のライフスタイルを考えながら働きたいと思っています。

手厚い保険制度

社会保険の被保険者は条件を満たしていれば、手厚い保険制度が利用できるのです。

こちらは、正社員だけでなく、パートやアルバイトも対象となりますよ。

ケガや病気が理由で3日間以上連続で休む場合、条件を満たせば傷病手当金を受け取ることができます。

また出産時も、出産手当金、出産育児一時金といったものが条件を満たせば受け取ることができます。

ちなみに、パートで働き始めて妊娠が分かったとします。

1年以上の雇用の条件としている会社もあれば、1年以内でも対象とする会社もあります。

この場合、出産手当金と育児休業給付金も頂くことができますよ。

この条件に関しては会社によって違うのでしっかりチェックをしてくださいね。

これを見ると私も扶養外で働いた方がよいかもと思ってしまいます。

まとめ

  • 税法上の扶養と社会保険上の扶養の2種類ある
  • 100万以上だと住民税がかかる
  • 103万以上だと住民税、所得税がかかる
  • 130万以上だと住民税、所得税、社会保険料がかかる
  • 150万円以上だと住民税、所得税、社会保険料、配偶者特別控除が段階的に減っていく
  • 201万円以上だと住民税、所得税、社会保険料、配偶者特別控除の適応外となる

家庭と育児と仕事をこなすことはとても大変ですよね。

どのパターンであれば自分はやっていけるかを考えて良いバランスをとってきましょう。