ジュラシックワールド新たなる支配者のブルーの子供はどうやって産まれた?

トレンド
※本ページはプロモーションを含んでいます。

2022年8月に公開されたジュラシックワールド新たなる支配者。

この作品に、ブルーとそっくりなヴェロキラプトルがでてきました!

ブルーの赤ちゃんが出た!!と興奮した方もいるはず!

それと同時にどうやって産んだの?という疑問がうまれたに違いありません。

結論、ブルーはブルー単体で赤ちゃんを産んでいるのです。

では、どうやって産んだのか?

この記事では、ジュラシックワールド新たなる支配者でブルーは赤ちゃんを、どうやって産んだのかを解説していきます。

ジュラシックワールドの吹き替えがひどいと言われる口コミと理由!俳優女優を起用する理由とレアな吹き替えも紹介!
ジュラシックワールド吹き替えはひどいと言われる理由を検証しました!俳優女優を起用する理由も紹介します!

ジュラシックワールドのブルーの赤ちゃんはどうやって産まれた?

ジュラシックワールドのブルーは、自分自身で赤ちゃんを産んでいます。

いったい相手がいない状態でどうやって産んだの?

と、疑問が残りますよね。こちらでは、どうやって赤ちゃんが産まれたのか解説していきます。

ジュラシックワールドのブルーの赤ちゃんはベータ

ブルーの赤ちゃんの名前はベータといいます。

ベータはジェラシックワールド炎の王国が終わった後にブルーが生んだ娘です。

ブルーは赤ちゃんをどうやって産んだ?

ブルーは、ブルー単体で赤ちゃんを産んでいます。

私はてっきりブルーと誰かの間にできた赤ちゃんかと思いきや、ブルー単体で産んだのです。

これには理由があり、映画の中でも言われています。

ブルーはラプトル以外の生物のDNAも組み合わせられて作られた恐竜です。

そのDNAが、オオトカゲのDNAだったのです。

ブルーはオオトカゲのDNAで無性生殖が可能

映画の中で、ブルーはオオトカゲのDNAが組み込まれていることが分かりました。

ブルーは、ノドグロオオトカゲとナイルオオトカゲのDNAが組み込まれ誕生しています。

オオトカゲは、無性生殖が可能という特徴を持っています。

無性生殖

生物が自分一人だけで子供を作り出すこと。

無性生殖の特徴があるがゆえ、ブルーはブルーだけで子供を産んだということになります。

ブルーの赤ちゃんであるベータはブルーそっくりです。

メイジーが「あなたブルーそっくり」というセリフがありますが、その通りです。

ブルーだけのDNAなので、そっくりになりますよね。

映画の中では何度もオーウェンを助けてくれるブルー、私も好きな恐竜ですが、肉食恐竜なので、単体で赤ちゃんを産めるとなれば恐ろしいですね。

ジュラシックワールドのブルーの赤ちゃんのまとめ

  • ブルーの赤ちゃんはベータという名前
  • ブルーはオオトカゲのDNAが組み込まれているため無性生殖が可能となった
  • ブルーは無性生殖の特徴を持っているので単体で赤ちゃんを産める

この記事では、ブルーの赤ちゃんであるベータはどうやって産まれたのかをまとめました。

私も映画に見に行った時にどうやって産まれたのか気になっていたので、この内容で理解できました。

気になるあなたはもう一度見てみて下さいね。

ジェラシックワールドの吹き替えがひどいと言われる口コミと理由!俳優女優を起用する理由とレアな吹き替えも紹介! | すうblog (su-fam937.com)